トップ > くらしの情報 > 子育て > 子育て情報(妊娠・出産・育児・予防接種)

子育て情報(妊娠・出産・育児・予防接種)

母子健康手帳の交付

母子健康手帳は、妊娠中から出産時、乳幼児期までの母子の健康状態等を一貫して記録しておくものです。医師による診断を受けると、「妊娠届出書」が発行されますので、すみやかに健康推進係(庁舎1階3番窓口)に提出してください。妊娠届出後、母子健康手帳を交付します。

 ※平成28年1月から、「妊娠届出書」には個人番号(マイナンバー)が必要になり、届出人本人の確認が必要になります。

妊婦本人が届け出する場合に必要な書類等

  1. 妊娠届出書※病院で発行されなかった場合は、こちらワードファイル(17KB)を使用してください。
  2. 個人番号カード
  3. 個人番号カードがない場合は、個人番号通知カードと妊婦の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど顔写真付の証明書)
  4. 妊婦本人の印鑑

代理人が届け出する場合に必要な書類等。

  1. 委任状ワードファイル(14KB)
  2. 妊婦本人の個人番号カードまたは通知カード ※カード(原本)を持参出来ない場合はカードをコピーしたものを持参してください。
  3. 代理人の本人確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証など顔写真付き証明書) ※妊婦が20歳未満の場合は、他に必要な書類がありますので、健康推進係にお問い合わせください。
  4. 妊婦本人の印鑑(委任状に妊婦本人の印がある場合は不要です。)

妊婦健康診査

母子健康手帳交付時に、妊婦健康診査14回分と超音波検査9回分を一部公費で受診できる受診票をお渡ししています。(多胎妊婦には追加で助成を行っています。)
この受診票は、各受診票に記載のある検査を受けた場合に、一定金額を上限として助成されるものです。医療機関の検査内容等により、自己負担が発生する場合もありますのでご了承ください。

受診票が使用できるのは、北海道内の医療機関に限られます。道外で妊婦健診を受けられる方は、健診料の還付手続き等をご説明しますので、健康推進係にご連絡ください。

育児学級

妊娠中のご夫婦が、妊娠・育児について学び、参加者同士が交流をしていただく教室です。
妊婦体験や赤ちゃんのお風呂の入れ方実習などを行います。
対象の方には個別通知をいたします。(年間の日程は、母子健康手帳に同封の「パパ・ママになるあなたへ」をご覧ください)

その他、妊娠に関する北海道の事業(妊娠に関する悩みをお持ちの方、妊娠を希望する方)

赤ちゃん訪問

生後1ヶ月前後の赤ちゃんがいるご家庭に保健師が訪問し、赤ちゃんとお母さんの体調確認や育児相談を行っています。
※里帰り出産で共和町にお戻りの方へも訪問しますので、ご希望の方は健康推進係にご連絡ください。

乳児相談・幼児健診

身体計測、育児相談、栄養相談、歯科相談、医師・歯科医師の診察を行います。対象の方に個別通知をいたします。

乳児相談

・対象者:生後3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月になるお子さん
・内 容:身体計測、育児相談、栄養相談、歯科相談(12ヵ月児のみ)

1歳6ヶ月児健診

・対象者:1歳7ヶ月~1歳10ヵ月になるお子さん
・内 容:身体計測、問診、診察、歯科健診、歯科相談、栄養相談

3歳児健診

・対象者:3歳1ヵ月~3歳3ヵ月になるお子さん
・内 容:身体計測、問診、診察、歯科健診、歯科相談、栄養相談

にこにこ広場

はじめて出産された1歳未満のお子さんとお母さん、はじめて妊娠された方(初妊婦さん)が対象の集いを月2回開催しています。
はじめての育児は不安や悩みがいっぱい。みんなで情報交換をしたり、楽しいお話をして、不安な気持ちをやわらげませんか。
日程は、広報「生活カレンダー」でご確認ください。

乳幼児歯科健診・フッ化物塗布

乳幼児を対象に、6月と9月に歯科健診およびフッ化物塗布を実施しています。
日程は広報「生活カレンダー」でご確認ください。

小児の予防接種

赤ちゃん訪問時に、日程表と予診票をお渡しします。転入された方は母子手帳を持参し、健康推進係の窓口までお越しください。
接種の際は、事前に契約医療機関にご予約のうえ、予約日に「母子健康手帳」および「予診票」を持って接種を受けてください。

予防接種の種類と標準的な接種年齢および契約医療機関

こちら(252KB)をご覧ください。

平成28年4月から日本脳炎予防接種が定期接種となりました

北海道では、これまで40年以上日本脳炎の患者はなく、感染を媒介する蚊(コガタアカイエカ)も生息していないため、日本脳炎の定期予防接種を行っていませんでした。しかし、北海道に住む方が道外や海外に行き来する機会は増えており、日本脳炎に関せする可能性が高まっているため、今年4月から北海道でも日本脳炎の定期予防接種を行なうことになり、対象となる方は無料で接種していただけます。接種回数は、全部で4回の接種が必要です。

・通常の対象者:平成21年10月2日以降に生まれた方

・特例措置の対象者:平成8年4月2日~平成21年10月1日生まれの方

 日本脳炎予防接種の詳細はこちらPDFファイル(227KB)でご確認ください。

 日本脳炎予防接種スケジュールはこちら(82KB)でご確認ください。

 保護者が同伴できない場合の委任状はこちらPDFファイル(84KB)

子どものインフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。

町では生後6ヶ月から18歳(高校3年生相当)のお子さんを対象に、インフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。
町が指定する医療機関での接種で、自己負担額は1回の接種につき1,000円となります。年齢により接種回数等が異なりますので、詳細は10月広報をご覧ください。

ロタウイルスワクチン接種費用を助成しています。

平成26年4月1日から、ロタウイルスワクチン予防接種費用を全額助成しています。対象者や接種医療機関等についてはこちら(252KB)でご確認ください。

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の一時差し控えについて

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしておりません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解したうえで受けてください。

接種対象者のうち、接種を希望される方には予診票等をお送りいたしますので、お手数ですが役場健康推進係までご連絡ください。
(対象年齢等はこちら(252KB)でご確認ください)

なお、子宮頸がん予防ワクチンの接種対象者は、小学6年から高校1年に相当する女子となっています。接種を希望される方には予診票をお送りしますので、役場健康推進係にお電話ください。

このリンクは別ウィンドウで開きます ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)
このリンクは別ウィンドウで開きます子宮けいがん予防ワクチンを受けるみなさんへ(厚生労働省リーフレット)
このリンクは別ウィンドウで開きます子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けるお子様の保護者の方へ(厚生労働省リーフレット)

お問い合わせ先

共和町役場 住民福祉課健康推進係
〒048-2292 北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-73-2011(内線151)

更新情報